各地で懇談

3月16日も各地で懇談を繰り返しました。午前中は散髪。この散髪にも気を使ってご支持いただけるところに伺っています。

午後は渭北の集い。夜は上八万の囲む会に参加していろんな意見を聞いています。24人が参加した上八万では、給食の中身の問題が出され、改善点を参加者とともに確認しました。ガレキノ受け入れにも話題になりました。岩手県や宮城県のものなら放射能を測定し大丈夫なら受け入れてもいいのではないかとの意見が大半をしめました。放射能を受けた福島のものは受けた地で厳重に保管するべきで、それ以外とは区別したらどうかとの意見で一致、区分けをしっかりやれば、仕事おこしにもなるし、資源の有効活用にもなるとの意見も出されました。

写真は上八万の囲む会の様子。

 

コメントは受け付けていません。