決起集会

十枝修(とえだおさむ)市長候補~決起集会開く

投稿日: 2012年2月26日 作成者: 見田治

 26日徳島市文化センターで、徳島市長選挙に立候補表明した十枝修氏を迎えて<市民の手で安心と夢のある町・徳島市をつくる会の決起集会が開かれました。
 主催者を代表し、挨拶された山本正美氏(つくる会代表委員)は、「昨日現職の原氏の励ます会が約千人で気勢を上げたようだが、勝ちに行く選挙戦としてたたかいたい」と力強く挨拶されました。また、塀本市議団長は、選挙情勢について「ほぼ現職と一騎打ちの選挙となるだろう。新町西再開の推進か文化センターの改修かという非常に分かりやすい選挙模様となっている」と述べ、加戸市議は、「20年前の海洋パーク、10年前の第十堰と徳島市民は2度にわたって勝利した。市民の手で変えよう徳島の世論をつくれば勝てる選挙だ」と訴えました。
 十枝修氏は、私は1%の人たちの市政ではなく99%の市民のための市政をすすめると決意を述べて、自分がなぜ99%の市民の立場で市政を進められるのかについて、原氏との違いを、町工場で働く父親や母の戒めを語り、幼い頃の貧しい生活体験や教員を目指した自分はまぎれもなく99%の側の人間だからと語り、原氏の市政は1%の人への偏った政治をおこなってきた。その典型が「新町西再開発だ」と指摘しました。
 3月18日告示25日投開票の市長選挙はいよいよ本番突入です。勝ちに行く選挙としておおいに奮闘したいとおもいます。
 では。

見田市議のブログからいただきました。

国保料のさらなる引き下げを要請するとえださん

とえださんは日本共産党の提言の勉強会でご挨拶。

その後、徳島市の保健福祉部に国保料の引き下げ要請を行いました。

 提言の学習会で挨拶するとえださん

 徳島市保健福祉部にさらなる国保料引き下げの要請をするとえださん

 朝の街頭宣伝
 朝の街頭宣伝は、徳島駅前で、とえだ修市長予定候補、古田元則県書記長と共に行いました。ちょうど消費税をなくす各界連絡会の皆さんが月1回の宣伝をしていました。すごいですね。消費税が導入されてから、24日には、ビラを配り、宣伝カーからの訴えを毎月1回ずっと続けているのです。
 とえだ修予定候補は、新町西再開発問題や国保料引き下げ、消費税増税とTPP参加反対、原発をやめ、自然エネルギーへの転換など訴えられました。

     
       とえだ修予定候補といっしょに訴え

(ふるたけんぎのHPからいただきました。2012.2.24)

26日に活動者会議

次は、加戸悟市議のHPからです。

2012年2月23日
今日、「つくる会」の幹事会が開かれまして・・・2月26日(日)午前10時半から文化センターで、『つくる会決起集会』を開くことを決めました。マスコミのみなさんにも公開して開きます。いろいろと準備をしてきたんですが、それを「公開」する次第・・・「市民の手で 変えよう!徳島」をドンドン広げていく・・・「楽しい選挙」を、多くの市民のみなさんとご一緒に、つくりだしたいと思っています。
キーワードは「市民の力」・・・徳島市の最大の特徴は、二つの住民投票で「ムダな大型公共事業(「海洋パーク」「吉野川可動堰」)を止めた街」・・・こんな街は、全国で徳島市しかありません。「今度は市長選挙」でぜひ「市民の力」を総結集し、「鉄道高架」「新町西再開発」を止めたいと思っています。
この二つのムダ使いを止めさせれば、「くらし・仕事応援‥防災対策充実」にたくさん予算を使うことができます。
「市民が主人公」の市政を実現させるため、「市長選挙」と「代表質問」をがんばり抜きたいと思っています。
——————-
見田議員がNHKの9時の報道を観た感想を書いています。大切な事柄ですので引用します。

 

投稿日: 2012年2月23日 作成者: 見田治

 

NHKが9時のゴールデンタイムに、二つの事例を追跡取材し、保険証がなくて「死亡」する事例~「無保険死」の実態を報道しました。

なんとその内一つの事例は、徳島県の43歳の事例を紹介。建設業に従事していたが6年前に廃業した男性でした。男性には小学校に通う娘がいて、毎月1万5千円もかかる定期検査が必要でしたが、減額措置で月4千円の保険料さえ払えず、「千円で保険証をもらえないか」と窓口に行ったが、係りから「千円しかないのか、ダメだ」といわれ仕方なく帰ったと述べていました。

男性は、「千円しかないのかといわれたが千円あれば2日は食べられるのに」と語り、ニュースキャスターは、国保加入者の20%が所得なしで、加入者の所得が急激に落ち込んでいること。医療機関(民医連)が調査した無保険死が67人にのぼり、政府に対処について回答を求めると「低所得者への減額措置の拡充を予定している」との回答に、これらの実現には「消費税増税」で財源があてられることとなっている。と報道を締めくくりました。

 

月曜日の街宣

月曜日はとえださんもJR二軒屋駅前で街宣しました。古田県議のHPから引用しました。

 朝の街頭宣伝は、二軒屋駅前で、とえだ予定候補、塀本市議と共に行いました。徳島市の新町西再開発問題や国保料、介護保険料引き下げの問題など、とえだ市長予定候補は熱くお話しされました。

      
  完全防寒されているのが塀本市議と訴えるとえだ予定候補

 

40人と懇談

私が日頃お世話になっている地域‥数ヶ所あるうち1ヵ所で「市長選挙の懇談会」‥40名程が集まって下さり、十枝予定候補、古田県議とご一緒に「市長選挙の政策」をお話しさせていただきました。またいろんな「質問」も活発に出され、「中身の濃い」懇談会になりました。
私がお話しさせていただいたのは「徳島市民の力」・・・昨日のページに書いた内容なんですが・・・住民投票の時‥約20年前と約10年前‥私は「受任者集め」に東奔西走していました。両方とも、みなさんと力を合わせて「1000名の受任者」をつくりだした・・・その際実感した「市民の力」が、今も走馬灯のように駆け巡っています。
また、議員になって実感した「市民の力」で一番心に焼きついたのは、住民投票を「50%のハードルを越えて成功させた」翌日の光景・・・徳島駅前で、マイクで話していたら、バスから降りてくる方々がみんな駆け寄ってきて「握手を交わした」こと・・・それこそ「政党政派の垣根」なんか吹っ飛んで、「市民の連帯」を感じ合ったことが、今でも強く心に残っています。
その住民投票の運動期間は1ヶ月・・・今回の「市長選挙の残された日数」とほぼ同じ期間・・・「原市政を変えたい‥変えてほしい」の声は、あちらからもこちらからも聞こえてきます。その声を集めて「市民の手で 変えよう!徳島」に結実させていく・・・「市民の力」を発揮できる「流れ」をつくり出すため、私も知恵と力を尽くしたいと思っています。

加戸悟議員のHPから

鉄道高架の車両基地を見聞

鉄道高架事業の車両基地は「地蔵橋駅の南」以上の詳しい場所はいまだに発表されていません。だけど地元ではわかっていて反対の意思が表示されています。近くには無堤の多々羅川が流れており、その改修がなされていません。さきの15号台風でも多々羅川があふれ6軒の床上浸水があったようです。

先日この場所にとえだ修さんを案内しました。その時の写真です。

 多々羅川のほとりに立つとえださん。遠くをJRの汽車が走っています。

へいもと信之のブログから

耐震リニューアルで文化センターは長持ちさせられる:徳島新報号外

徳島新報号外(2012年2月)は、「”新町西開発の音芸ホールの1/10で耐震リニューアル”すれば徳島市民文化センターは長持ちさせられる」と、見解を伝えています。

県民青blogが関連記事掲載

とくみん.net」の6日付記事として「熱烈!かえるネット!!」が掲載されていました。一部紹介します。

2012.02.06 Monday
熱烈!かえるネット!!

3月に徳島市の市長選挙が行なわれることになりました!

今のところ、「明るい徳島市をつくる会」が推薦するとえだ修さんと、今の徳島市長の原市長が出馬するようです。
他にも出るとか出ないとか噂は聞くけれども、どうなることやら。

というわけで、やって来ました選挙シーズン!
ここで目が覚めるのがかえるネットです。

ココぞとばかり出てきました! >> 全文