つくる会の市長選挙に関する文書

4月16日の幹事会で取りまとめた文書を掲載します。

徳島市長選挙の結果をうけて

2012年4月16日 市民の手で安心と夢のあるまち「徳島市」をつくる会

 

 3月25日(日)投票でおこなわれた徳島市長選挙で、市民の手で安心と夢のあるまち「徳島市」をつくる会が擁立した、徳島大学名誉教授のとえだ修氏は、19045票を獲得しましたが、当選することはできませんでした。「市民の手で 変えよう!徳島」をスローガンに、「市民が主人公」で命とくらしをまもる市政に変えることを訴えて取り組みましたが、勝利できず残念です。ご支援、ご協力いただいたみなさんに、心より感謝します。

 

 今回の市長選挙の投票率は、史上最低の25%でした。とえだ氏は、前回に比べて7314票得票を伸ばし、得票率は15%から36%に前進しました。一方、原秀樹氏は前回から8338票も得票を減らしています。

市長選挙の結果には、これまでの原市政への大きな批判、とえだ氏がかかげた「新町西再開発、鉄道高架を中止し、くらし・仕事応援、防災対策充実の市政に」「国の悪政から市民を守る防波堤に」という政策への共感が表れています。そして、とえだ氏の得票は、今後の要求運動の土台を築くものです。

 

私たち「つくる会」は、ビラ、のぼり旗、ステッカーなど、政策を市民に伝えるために、創意工夫した取り組みをすすめました。市民から共感いただいたことも多くありました。しかし、「つくる会」参加団体や個人の力を総発揮するまでにいたりませんでした。市民の期待にこたえられず、力不足を痛感しています。

今後、選挙中に訴えた公約実現にむけて、継続的な活動をすすめていきます。市民の要求運動と力をあわせていきます。市政の問題点と対案を市民に知らせます。

ひきつづき、「つくる会」へのご支援、ご指導ご鞭撻をよろしくお願い申しあげます。

ご支援ありがとうございました。

市長選挙の結果はとえだ修氏19,045票原氏33524票でした。投票率が25.64%と低かったのが特徴で、その中でとえださんは36%の得票を得ました。ご支援いただいた方々に感謝を申し上げるとともに、当選できなかったことをお詫びいたします。

これからは掲げた公約実現のため、「つくる会」を活性化させ、大衆的に闘いを進めたいと思います。

いよいよ明日から市長選挙

いよいよ明日から市長選挙。わがとえださんは今日も新日本婦人の会徳島支部の定期大会にに参加しごあいさつ。3時からは船越市議とともに事務所近辺にごあいさつ。夜は昭和町で囲む会。

明日からの選挙戦では政策を訴える街頭宣伝を徹底して訴えます。

このブログも更新はできません。改めて選挙前に市民の皆さんに政策ニュースをリンクしておきます。

 

各地で懇談

3月16日も各地で懇談を繰り返しました。午前中は散髪。この散髪にも気を使ってご支持いただけるところに伺っています。

午後は渭北の集い。夜は上八万の囲む会に参加していろんな意見を聞いています。24人が参加した上八万では、給食の中身の問題が出され、改善点を参加者とともに確認しました。ガレキノ受け入れにも話題になりました。岩手県や宮城県のものなら放射能を測定し大丈夫なら受け入れてもいいのではないかとの意見が大半をしめました。放射能を受けた福島のものは受けた地で厳重に保管するべきで、それ以外とは区別したらどうかとの意見で一致、区分けをしっかりやれば、仕事おこしにもなるし、資源の有効活用にもなるとの意見も出されました。

写真は上八万の囲む会の様子。

 

笹岡優さんの応援を受けて街宣

昨日は午前は8時から上八万の大木で上八万の応援部隊と街頭宣伝。その後上八万・入田を街頭宣伝。

午後は日本共産党の笹岡優衆議院四国比例予定候補の応援を受けて街頭宣伝。紺屋町や徳島市役所前、佐古一帯を街頭宣伝。最後はJR徳島駅前で宣伝しました。

夜は3・15集会でのご挨拶と佐古コミセンで囲む会。

3月14日も元気に活動

昨日も前哨戦を元気に活動。

午前は徳島市東南部で活動。午後は国府町で小集会。夜は島田で小集会と元気に駆け回りました。

また、13日の夜は四国放送のスタジオで3テーマでのインタヴューに答えました。1テーマ30秒という限られた短時間でよどみなく、適格に答えるというのは至難の業。徳島大学の教授時代は100分の授業をうまく構成して話していたのとは全く逆の所業。でもうまくこなしています。これは本番中に放送されます。

佐古の国道192号線交差点では、夕方青年たちによるアピール行動が連日行われています。写真は13日と14日のもの。青年に限らずどなたでも参加できます。ぜひお顔をお出しください。

 3月13日の夕方5時

昨日の行動。

3.13重税反対行動に参加

昨日は3.13重税反対全国統一行動でした。徳島市では文化センターに900人を集め決起集会。とえださんは年金者組合の一員として参加。来賓挨拶の塀本市議団長に紹介されて自席で起立、参加者の大きな拍手を受けました。

これに先立つ8時30分ころからは参加者激励の演説を行い、またデモ行進出発の一行を見送りました。

とえだ修走る  川内町で囲む会

投稿日: 2012年3月14日 作成者: 見田治

 3月13日午後1時より川内で囲む会が開かれ、約一時間半、膝を突き合わせての懇談会となりました。
 とえだ修市長候補からは、鉄道高架事業・新町西再開発事業などの無駄な事業を中止し、防災・福祉・教育などの充実に活用すること。音芸ホールは、現在の市文化センターの改修をはかり有効活用しながら音芸ホール建設基金を積み立て市民の期待に沿う音芸ホール建設をすすめていくこと。原発・消費税・TPPで国にしっかりものを言うことが大事などの話がされました。
 出席者からは、津波対策、買い物難民と市バスの改善、市営住宅の立替問題など、地元が抱える問題がつぎづぎと出され、市長になったらもう一度「囲む会」をもとうという話になりました。
 ちなみに囲む会の司会は、見田がおこないました。また、「囲む会」終了後、とえださんは、つくる会の宣伝カーで川内町を街宣に、見田と川内支部で、ノボリを9本立てました。では。

 

今日も朝から元気です。

JR二軒屋駅前の宣伝では八万の応援団も4名駆けつけ古田県議、塀本市議とともに元気に訴えました。

午後は塀本市議と街頭宣伝。あちらこちらで声援を受けました。

夕方、佐古駅前の交差点で青年が宣伝。写真はその一コマです。

 

早朝から全力投球

とえださんは今日も朝から全力投球でした。朝8時びっくり日曜市で八万の応援団とご一緒に朝宣伝。

 

そのあとは上八万で街頭宣伝。昼は脱原発の集まりに出てデモ行進。

夕方はかちどき橋で青年の皆さんとアピールしました。

この写真は昨日の渭東コミセンでのとえださん。(古田県議のブログから)

事務所には建設労働者や藍住町の林議員など多くの応援団がお越しいただき、ビラ配布に協力していただきました。

今朝の徳島新聞は二人の対決になるとの予測記事を掲載しました。

徳島市長選告示まで1週間 一騎打ちの公算大

  2012/3/11

 任期満了に伴う徳島市長選は18日の告示まであと1週間に迫った。立候補を表明しているのは、いずれも無所属で現職の原秀樹氏(56)=同市南前川町4=と、新人で徳島大学名誉教授の十枝修氏(69)=共産推薦、阿南市那賀川町敷地=の2氏だけで、一騎打ちの公算が大きい。選挙戦では、現市政2期8年の評価や新町西地区再開発事業を含む県都のまちづくりなどをめぐって論戦が展開されるとみられる。 原氏は2期8年の実績を強調しながら、市政継続への意欲を訴える。本人や家族らが支援者へのあいさつに回り、市議会3月定例会のため中断していた市政報告会も10日に再開した。告示前日の17日には女性集会を開き、低調な選挙ムードを盛り上げたい考えだ。 公約集も作り、中核市構想実現に向けた周辺市町村との連携強化、新たな産業振興ビジョンの策定、子ども育成支援、津波浸水対策の強化などを盛り込んだ。市政報告会の会場や後援会事務所で配布し、支持拡大を目指す。 十枝氏は小集会や街頭行動を地道に重ね、支援を呼び掛ける。支持母体の「市民の手で安心と夢のあるまち『徳島市』をつくる会」は3月から街宣車を4台に増やしムード盛り上げに躍起。推薦する共産党市議団5人も地元後援会を通じて連日の運動をサポートする。

 「新町西再開発や鉄道高架事業の中止という訴えに共感してくれる人が増えてきた」と十枝氏。告示まで1週間のスケジュールは演説会などですでに埋まった。ブログを開設して活動内容や訴えを紹介し、若い世代への浸透も狙っている。