耐震リニューアルで文化センターは長持ちさせられる:徳島新報号外

徳島新報号外(2012年2月)は、「”新町西開発の音芸ホールの1/10で耐震リニューアル”すれば徳島市民文化センターは長持ちさせられる」と、見解を伝えています。

県民青blogが関連記事掲載

とくみん.net」の6日付記事として「熱烈!かえるネット!!」が掲載されていました。一部紹介します。

2012.02.06 Monday
熱烈!かえるネット!!

3月に徳島市の市長選挙が行なわれることになりました!

今のところ、「明るい徳島市をつくる会」が推薦するとえだ修さんと、今の徳島市長の原市長が出馬するようです。
他にも出るとか出ないとか噂は聞くけれども、どうなることやら。

というわけで、やって来ました選挙シーズン!
ここで目が覚めるのがかえるネットです。

ココぞとばかり出てきました! >> 全文

12日、とえだ事務所開きに130人

10時から事務所開きを行いました。とえださんの息子さんや孫娘が訴え、とえださんもつぎのとおり挨拶を行いました。 原市政を変えたい4つの理由を次のようにあげました。①新町西音芸ホールの再開発・鉄道高架事業などをストップさせる②国保の引き下げなど住民福祉 を充実させる③消費税増税・TPPノー・伊方原発再稼動反対など国の悪政に市民の立場から声をあげる④文化センターの耐震化・改修リニューアルをすすめ る。また、教育にかかわってきた一人として少人数学級の実現など学校現場の改善をすすめる決意も述べられました。

この記事は、塀本市議のblogから借用しました。